4649drum.com

シンバルでここまでできる!

スクリーンショット 2014-11-17 23.54.12

「ドラマーなら昼飯抜いてでも買うべきCD」といえば、

ブレッカー・ブラザーズの「HEAVY METAL Be-Bop」であることは、

ドラマーであれば、誰も異論はないはずだ。

c0185575_1523125

そのアルバムでドラムを叩いているのは、

もちろん我等がテリー・ボジオ大先生だ!

現在、THE BRECKER BROTHERS HEAVY METAL BEBOP BAND REUNIONと題し、

1975年の同ライブのメンバーでの、完全再現ツアーを敢行中のボジオ先生。

来る2014年11月26、27、28日には、日本公演も予定されている(http://clubcitta.co.jp/001/tbbbr/

そんななか、ボジオ先生の衝撃映像を発見したので、ここでご紹介したい。

なんと、いつもの要塞的ドラム・キットに代わり、

バスドラから、タム、スネアに至るすべてが「シンバル」で構成されている、

奇妙なドラム・セット。これをボジオ先生は見事に、

時にメロディックに、時に激しく、叩きこなしている!

ドラマー諸君。

この映像を見て、何を学ぶか。

そう。ドラムは楽器が主役なんじゃない。

ドラマーから湧き出る「グルーヴ」こそが大切。

そのグルーヴさえあれば、

全部シンバルだろうと、全部カウベルだろうと(それは無理か?)、

きっとサウンドするのだ!

「ボジオ節」とも言える、

ハイスピード6連フレーズも聴けるので、

是非とも楽しんでもらいたい!

Share this post
About the author

学生時代からドラマーとして活動し、プログレッシブ・ロック、ファンク、ジャズなど、ジャンルを問わない数々のバンドやサポートで活動。現在も様々なアーティストで、ドラムやパーカッションでのサポート活動を続けている。4+64+9=D/RUMの立ち上げを機に、WEBライターとしての活動も開始。

この人が書いた記事 (1)

関連記事 Related Posts