4649drum.com

Joey Castillo : ロス生まれの野生児ドラマー

TOP2

いかついルックスのJoey Castillo (ジョーイ・カスティロ)というドラマー。
知ってる人は知ってる感じでしょうか?

IMG_2956

前回のJosh Freese とはまた違った、ロスのやや荒れた土地が生んだようなドラマー。
仮にJosh が光るV8エンジンのコルベットだとすると、Joey はFord の巨大なピックアップトラック的な感じかも。

始めてJoey Castillo の名前を聞いたのは忘れもしない2005年の夏。
Hyde 氏のソロアルバム”Faith” のトラッキングの時に、現在のVAMPS のギターリスト(Faith でもギターとアレンジをやっている)のK.A.Zさんからその名前を聞いた。The Pass というスタジオでトラッキングの休憩中にK.A.Z さんといろんな話をしている時、「(”Faith” でのドラマーの) Scott GarettとJoey Castilloのツインドラムでソロの叩き合いをしているのをみた事があるけど、あれは凄かった」と言われた。その時始めて、Joey の名前を耳にした(余談だけど”Faith” のトラッキング中、隣のスタジオではレッチリがミックスをやっていた。ミックスエンジニアは名プロデューサーRick Rubin の右腕、Andrew Scheps)。そして、K.A.Z さんはそれよりも5年以上前に、既にZyllch のレコーディングとツアーでJoey と出会っていたというのにも驚いた。

IMG_2968

Joey Castillo をもっとも有名にさせたのはQueens of the Stone Age (QOTSA) だと思う。
2002年から2012年までの10年間QOTSA のメンバーだった。アルバムはLullbies to Paralyze とEra Vulgaris、… Like Clockwork に参加している。
ロス生まれの野生児ドラマー。見た目通りだ〜。
そうそう、QOTSA のトラッキングではクリックを使わないらしい。やはり凄い野生バンド。

Joey は現在 Q というドラムを使っている。おそらく誰も知らないであろう。僕も始めて見た。

IMG_2912 IMG_2915 IMG_2926

Official Site : http://qdrumco.com/

このQドラムとは何でしょう?

オレンジ・カウンティー・ドラム(Orange County Drum and Percussion)を知っている人はおそらく多いと思います。Travis Barker が使っているやつです。
このオレンジ・カウンティーは現在アメリカ最大の楽器チェーン店のギター・センターがオーナーです。もはやオレンジ・カウンティーでは作られていません(今は中国かな)。
今のQ Drum の創立者はJaremy Berman という、Orange County Drum の初期のヘッドビルダーでもあり、アーティスト・リレーションでもあった強者。あのバームクーヘンのような40プライとか巨大な穴だらけのスネアを作っていた人ということかな。そんなオリジナルの OCDP を受け継いだドラムが Q Drum Co。ということになります。全て手作り。

そー言えば、先日のスーパーボウルでのハーフタイムショーにKaty Perry が出ていたが、Katy Perry のドラマーAdam Marcello はQ Drum を使用している。

そんなQ Drum をドカドカと、墨だらけの太腕で叩くワイルド系のJoey Castillo。

だけど、、、。

僕は見た。
レコーディングの休憩中、おいらは見ただ。
スタジオのラウンジにあったでかいオレンジにナイフをぶっ刺して、ぐりぐりとえぐるように皮を剥き、汁をカーペットにべとべとたらしながらオレンジにかぶりつくJoey 。おれは見たぞ!!

完全に野生児。。。

自分ちでなくてよかった。。。

IMG_2953

Share this post
About the author

Los Angeles 在住、音楽系コーディネーター。 日本とアメリカの音楽業界を結ぶ架け橋として活動。 関わる日本のアーティストは、松任谷由実、吉井和哉、VAMPS、Spitz、B'z、Puffy、Sing Like Talking、EXILE、オレスカバンド、Asian Kung-Fu Generation、Scandal、初音ミク etc ... 。 ドラマーとしての活動も多く、渡米後はジョー・ポーカロ、ジェームス・ギャドソンに師事。ヴィニー・カリウタ、ジョッシュ・フリーズ、スティーブ・ガッド、テリー・ボジオ、スティーブ・フェローン、マイケル・ブランド等、数々のドラマー達のレコーディングに立ち合い、ロスのドラム界との交流も深い。

この人が書いた記事 (8)

関連記事 Related Posts